歴史によって

ダイエットの移り変わり

ダイエットはいつの時代も人々の生活と密接な関係にありました。 人々の生活に浸透しているダイエットには深い歴史があります。 太平洋戦争後、日本の生活スタイルは欧米化しました。 食に関しても大きく変化し、肥満の人も増えました。 1956年に日本は高度経済成長期になり、食生活が豊かになったことで、肥満の増加に拍車をかけました。 これをきっかけに、1950年頃に美容業界がダイエットに注目したと言われています。 その後、1960年後半にイギリスからツイッギーが来日したことで、日本人女性の美意識が高まりダイエットをはじめる人が増えました。 1970年には、アメリカの影響で健康器具が流行しました。 1980年には、一品ダイエットと呼ばれる一つの食材だけを食べ続けるダイエットが流行しました。

今後の動向とニーズについて

現在では、ダイエットに関する商品は様々な企業が開発し販売しています。 健康食品メーカーをはじめとし、化粧品メーカーや製薬メーカーまでたくさんの企業がダイエット商品に力を入れています。 そのおかげで商品の幅も広くいろいろな人のヒー図に答えるものとなっています。 体脂肪現象、脂肪燃焼、糖の九州を押さえるのもなど、その商品で効果も異なります。 それぞれのダイエット商品によって対象にしている人も異なります。 洋服を綺麗に着こなしたいという理由で痩せたいと思う女性向けの商品もあります。 また、健康診断などの結果が悪いなどという理由で痩せたいと思う男性向けの商品もあります。 それぞれの目的に合わせて商品開発されており、消費者もより高い効果が得られるようになりました。